2013年06月14日 08時00分 公開
特集/連載

社内と社外、ビッグデータ分析基盤を置くべきはどっち?大量データ時代の分析インフラ構築法【後編】

データ分析基盤は、社内の仮想環境に置くこともできるが、社外のIaaS上に構築する方法もある。それぞれのメリット、デメリットを考えるとともに今後のデータ分析基盤の在り方を占う。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 インフラの観点では、ビッグデータ活用をどのような形でサポートするのが最適か――前編『ビッグデータ分析、Hadoop活用の意外な落とし穴』では、多くの企業でシステムの仮想統合が進む中、Hadoopが専用の物理インフラを求める問題点と、その解決策としてHadoopクラスタを既存の仮想プラットフォーム上で迅速に展開できるテクノロジ、「仮想Hadoopクラスタ」を紹介した。

 だが一部のアナリストは、「ビッグデータインフラとして仮想化中心のソリューションを使うことには特有の課題がある」と指摘している。

Hadoopの仮想化に伴う課題

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...