2013年06月14日 08時00分 公開
特集/連載

社内と社外、ビッグデータ分析基盤を置くべきはどっち?大量データ時代の分析インフラ構築法【後編】

データ分析基盤は、社内の仮想環境に置くこともできるが、社外のIaaS上に構築する方法もある。それぞれのメリット、デメリットを考えるとともに今後のデータ分析基盤の在り方を占う。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 インフラの観点では、ビッグデータ活用をどのような形でサポートするのが最適か――前編『ビッグデータ分析、Hadoop活用の意外な落とし穴』では、多くの企業でシステムの仮想統合が進む中、Hadoopが専用の物理インフラを求める問題点と、その解決策としてHadoopクラスタを既存の仮想プラットフォーム上で迅速に展開できるテクノロジ、「仮想Hadoopクラスタ」を紹介した。

 だが一部のアナリストは、「ビッグデータインフラとして仮想化中心のソリューションを使うことには特有の課題がある」と指摘している。

Hadoopの仮想化に伴う課題

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...