2013年05月30日 08時00分 公開
特集/連載

米TIBCO製品担当が語る、セルフサービスBI選びの本当の鍵BI製品紹介:TIBCO Spotfire 5.0

エンドユーザーが任意の視点で分析できるセルフサービスBI市場が活況を呈している。競合がひしめく中、5月24日に新製品「TIBCO Spotfire 5.0」を発表したTIBCO Softwareでは何で差別化を図るのか? 米国本社の製品担当に聞いた。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 業務部門のエンドユーザー自身が自由な観点でデータを分析できるセルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)のニーズが高まっている。米Gartnerの調査でも2013年のBIソフトウェアの売上高はグローバルで138億ドルに達すると予想。国内でもクリックテック・ジャパン、ウイングアーク、Tableau Software、SAPジャパン、日本オラクルなど複数のベンダーが製品をリリースしている。

 こうした中、2013年5月24日、TIBCO softwareが分析プラットフォーム製品の最新版「TIBCO Spotfire 5.0」(以下、Spotfire)を発表した。競合製品も多い中、同社はどのような点を強みとして打ち出していくのか。製品発表に合わせて来日した米TIBCO Softwareプロダクトマネジメント シニアディレクターのルイス・ベイジュック・ヨーガン(Louis Bajuk-Yorgan)氏にBIに寄せられている企業ニーズと製品のポイントを聞いた。

リッチなダッシュボードに惑わされてはいけない

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...