2012年01月06日 09時00分 公開
特集/連載

SQL ServerユーザーのためのHadoopコネクタ実装手順押さえておきたいSQL ServerとHadoop連係の注意点【後編】

SQL ServerとHadoopを接続するためのコネクタの実装手順を解説。SQL ServerとHadoop環境を組み合わせれば、大量の非構造化データを処理し、リポーティング、分析、BIなどをサポートする構造化環境に統合できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 前編「SQL ServerユーザーのためのHadoop連係入門」では、SQL ServerとHadoopの連係を検討するユーザーのために、Hadoop環境におけるビッグデータ処理技術の概念を説明した。後編ではMicrosoftが提供するSQL Server用のHadoopコネクタの実装手順を解説する。

SQL Server用のHadoopコネクタの実装

 SQL Server用のHadoopコネクタは、Hadoopクラスタのマスターノードに実装する。この場合、SqoopとMicrosoftのJava Database Connectivityドライバを使ってマスターノードを構成しなければならない。Sqoopはオープンソースのコマンドライン型ツールで、リレーショナルデータベースからデータをインポートし、Hadoop MapReduceフレームワークを使ってデータを変換した上で、そのデータをデータベースにエクスポートするのに利用する。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。