2011年12月26日 09時00分 UPDATE
特集/連載

押さえておきたいSQL ServerとHadoop連係の注意点【前編】SQL ServerユーザーのためのHadoop連係入門

SQL ServerとHadoopの連係でビッグデータ分野に乗り出したMicrosoft。しかしSQL Server用のHadoopコネクタは、SQL Serverのユーザーには取っつきにくいかもしれない。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 米Microsoftが「ビッグデータ」の領域に進出する動きを見せている。同社が狙っているのは、米Googleや米Yahoo!などの企業が創業当初から取り組んでいる膨大な非構造化データの分野だ。例えばGoogleでは、毎日20P(ペタ)バイト(2万Tバイト)のデータを処理しており、その大部分はテキストベースのインデックスファイルの形式だ。しかしビッグデータの種類はインデックスだけではない。企業では大量の電子メール、文書、Webサーバのログ、ソーシャルネットワーキングフィード、その他の各種の非構造化情報を日常的に管理している。

 GoogleやYahoo!に加え、米Autodesk、米IBM、米Facebookなどの企業では、大量のデータを管理するためにApache Hadoopを採用している。Hadoopは、従来型のツールでは処理できない膨大な非構造化データを管理するためのオープンソースクラウドプラットフォームだ。Hadoopの人気に目を付けたMicrosoftは、自社のSQL ServerとHadoopを接続する技術を開発した(関連記事:マイクロソフトのビッグデータ対応、明かされたSQL Server 2012の新機能)。

 Microsoftが最近リリースしたコネクタは、HadoopクラスタとSQL Server 2008 R2やParallel Data Warehouse、あるいは開発中のSQL Server 2012(コードネーム:Denali)との間で大量のデータを移動することを可能にする。これらのコネクタではデータを双方向に移動できるため、SQL Serverのストレージ機能とデータ処理機能を生かしながら、大量の非構造化データを管理するHadoopの機能を利用することが可能だ。

 しかしSQL Server用のHadoopコネクタは、SQL Serverのユーザーには取っつきにくいかもしれない。これらはLinux環境に実装されるコマンドライン型ツールなのだ。このため、同コネクタの導入を計画しているSQL Serverユーザーは、それがHadoop環境とどう連係するのかを概念的に把握しておくことが大切だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。