2014年02月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「干し草の中から針を探すような作業」を効率化従業員による盗難防止にビッグデータ活用、そんな企業が増えている

小売業者などでは、現金や商品の盗難/紛失の問題が発生することがある。ある外食企業では、ビッグデータマイニングを活用し、この問題に対応している。

[Ed Burns,TechTarget]

 現金を日常的に取り扱う小売業者などでは、「シュリンケージ」(従業員や顧客の故意または過失によって現金や在庫が目減りすること)の問題が発生することがある。一部の企業では、この問題に対応するために、ビッグデータマイニングを活用し始めている。

ビッグデータの分析ツール導入で10倍の事案を解決可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...