従業員による盗難防止にビッグデータ活用、そんな企業が増えている「干し草の中から針を探すような作業」を効率化

小売業者などでは、現金や商品の盗難/紛失の問題が発生することがある。ある外食企業では、ビッグデータマイニングを活用し、この問題に対応している。

2014年02月26日 08時00分 公開
[Ed Burns,TechTarget]

 現金を日常的に取り扱う小売業者などでは、「シュリンケージ」(従業員や顧客の故意または過失によって現金や在庫が目減りすること)の問題が発生することがある。一部の企業では、この問題に対応するために、ビッグデータマイニングを活用し始めている。

ビッグデータの分析ツール導入で10倍の事案を解決可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...