2014年01月23日 08時00分 公開
特集/連載

今すぐ調べたい「BI成熟度」 ビッグデータ活用の体制は整っているか?ビッグデータを活用する組織の作り方【第1回】

企業内におけるビッグデータ活用を促進するには、まずBIが定着している必要がある。今回はその「BI成熟度モデル」の概要を紹介する。

[野村 哲郎,NTTデータ]

 ビッグデータ活用基盤が企業に導入され効果を挙げるためには、それを活用する取り組みとIT、方法論であるビジネスインテリジェンス(BI)が企業に定着している必要があります。

 本稿では、まずビッグデータ活用による変革を成功に導く鍵となる「BI成熟度モデル」の概要を紹介します。

 さらに連載の2回目では、今後注目が集まると思われる「情報活用組織の進化」について取り上げます。ビッグデータを活用し、業務に定着させるためには、「組織」面の進化も求められるからです。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...