2014年08月27日 12時00分 公開
特集/連載

「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」――あなたの会社には向いているのはどちら?AWSの2大NoSQLデータベースサービス

「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」は、アプリケーション開発の柔軟性向上とアプリケーション開発時間の短縮を実現する。これらのメリットを最大限に引き出すには、自社のニーズに合ったデータベース環境を選択する必要がある。

[Dan Sullivan,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | NoSQL | RDBMS


 「NoSQL」データベースは拡張性に優れ、Webアプリケーションの開発時間を短縮できる。固定スキーマを使用する「リレーショナルデータベース」(RDB)とは異なり、NoSQLデータベースの多くはスキーマを用いないので、開発の柔軟性にも優れる。米Amazon Web Services(以下、Amazon)の「Amazon SimpleDB」(以下、SimpleDB)と「Amazon DynamoDB」(以下、DynamoDB)は、人気が高いNoSQLデータベースだ。

 DynamoDBとSimpleDBは、完全管理型の非RDBであり、データの保存、クエリ、管理を行うためのシンプルなAPIを備えている。これらのデータベースは、柔軟なデータベースデザインを必要とするアプリケーションに適しているが、両者の間には幾つか相違点もあるため、使用するアプリケーションに応じて選択する必要がある。

小規模データベースの管理にはSimpleDB

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。