2014年08月01日 15時00分 公開
特集/連載

思いもよらないモノとモノがつながる “コネクテッドシティ”とは?駐車場と情報と販促活動を結ぶと何が起こる?

あらゆるモノがつながる「IoE」の世界では、都市や行政機関の仕組みが大きく変わる。地方自治体や教育機関などの最新事例から、さまざまな先進的な取り組みを紹介する。

[Chuck Moozakis,TechTarget]

 「Internet of Everything」(あらゆるモノのインターネット:IoE)で大きな賭けに出た米Cisco Systemsは、都市と公共機関をつなぎ合わせようとしている。Ciscoは2014年5月、地方自治体や教育機関がIoEから受けている恩恵について、その概要を説明する新しい調査報告書を公開した。そこでは主に、米国シカゴおよびテキサス州サンアントニオにおけるプロジェクトと、バージニア大学の遠隔医療プログラムが事例として挙がった。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...