2014年08月01日 15時00分 公開
特集/連載

思いもよらないモノとモノがつながる “コネクテッドシティ”とは?駐車場と情報と販促活動を結ぶと何が起こる?

あらゆるモノがつながる「IoE」の世界では、都市や行政機関の仕組みが大きく変わる。地方自治体や教育機関などの最新事例から、さまざまな先進的な取り組みを紹介する。

[Chuck Moozakis,TechTarget]

 「Internet of Everything」(あらゆるモノのインターネット:IoE)で大きな賭けに出た米Cisco Systemsは、都市と公共機関をつなぎ合わせようとしている。Ciscoは2014年5月、地方自治体や教育機関がIoEから受けている恩恵について、その概要を説明する新しい調査報告書を公開した。そこでは主に、米国シカゴおよびテキサス州サンアントニオにおけるプロジェクトと、バージニア大学の遠隔医療プログラムが事例として挙がった。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...