2014年05月02日 12時00分 公開
特集/連載

英国百貨店、モバイルを使った“おもてなし”が売上増の秘訣John Lewis、全部門で年間業績アップ

英百貨店チェーンは商品のオンライン販売の他に、モバイルデバイスを活用して販売チャネルを多様化させる取り組みを行っている。これによって売り上げの大幅増を達成した。

[Caroline Baldwin,Computer Weekly]

関連キーワード

iPad | eコマース


 英John Lewis Partnership傘下の英百貨店チェーンJohn Lewisと同じくスーパーマーケットチェーンWaitroseは、店頭、オンライン、モバイルの全チャネルで業績を伸ばした。

 会計年度が終了した2014年1月25日までの1年間で、オンライン販売の売り上げは、John Lewisで前年比19.2%増、Waitroseでは41.4%増、さらにモバイルと同社の「Click&Collect」と呼ばれるサービス利用による売り上げも大幅な伸びを見せた。

 Waitroseでは主に扱う品数が増えたことで、既存店の店頭での売り上げも5.1%アップ。John Lewisの店頭販売も既存店ベースで6.4%の売上増となった。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...