2014年05月02日 12時00分 公開
特集/連載

英国百貨店、モバイルを使った“おもてなし”が売上増の秘訣John Lewis、全部門で年間業績アップ

英百貨店チェーンは商品のオンライン販売の他に、モバイルデバイスを活用して販売チャネルを多様化させる取り組みを行っている。これによって売り上げの大幅増を達成した。

[Caroline Baldwin,Computer Weekly]

関連キーワード

iPad | eコマース


 英John Lewis Partnership傘下の英百貨店チェーンJohn Lewisと同じくスーパーマーケットチェーンWaitroseは、店頭、オンライン、モバイルの全チャネルで業績を伸ばした。

 会計年度が終了した2014年1月25日までの1年間で、オンライン販売の売り上げは、John Lewisで前年比19.2%増、Waitroseでは41.4%増、さらにモバイルと同社の「Click&Collect」と呼ばれるサービス利用による売り上げも大幅な伸びを見せた。

 Waitroseでは主に扱う品数が増えたことで、既存店の店頭での売り上げも5.1%アップ。John Lewisの店頭販売も既存店ベースで6.4%の売上増となった。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較
ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道...

news031.jpg

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

news135.jpg

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。