2014年05月02日 12時00分 公開
特集/連載

英国百貨店、モバイルを使った“おもてなし”が売上増の秘訣John Lewis、全部門で年間業績アップ

英百貨店チェーンは商品のオンライン販売の他に、モバイルデバイスを活用して販売チャネルを多様化させる取り組みを行っている。これによって売り上げの大幅増を達成した。

[Caroline Baldwin,Computer Weekly]

関連キーワード

iPad | eコマース


 英John Lewis Partnership傘下の英百貨店チェーンJohn Lewisと同じくスーパーマーケットチェーンWaitroseは、店頭、オンライン、モバイルの全チャネルで業績を伸ばした。

 会計年度が終了した2014年1月25日までの1年間で、オンライン販売の売り上げは、John Lewisで前年比19.2%増、Waitroseでは41.4%増、さらにモバイルと同社の「Click&Collect」と呼ばれるサービス利用による売り上げも大幅な伸びを見せた。

 Waitroseでは主に扱う品数が増えたことで、既存店の店頭での売り上げも5.1%アップ。John Lewisの店頭販売も既存店ベースで6.4%の売上増となった。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...