2014年10月03日 15時00分 公開
特集/連載

ビッグデータで脅威を分析する「ThreatData」公開世界中で狙われる「Facebook」、そのセキュリティ対策は他社でも役立つ?

企業はセキュリティ対策強化のために、FacebookのThreatDataフレームワークによるセキュリティアナリティクスから何を学べばいいのか。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 米Facebookはサービス開始以来、常にサイバー犯罪者に狙われ続けてきた。マルウェアの撃退や詐欺の防止に奮闘しており、同社の取り組みはしばしばニュースになる。だがFacebookは舞台裏では、はるかに膨大な脅威に目を光らせているようだ。

 脅威に立ち向かうときには、知識が力になる。脅威分析とセキュリティアナリティクスが、現在発生している問題の回避だけでなく、インシデントレスポンスの向上にも威力を発揮することを、多くの企業が認識しつつある。Facebookも2014年3月、独自の「ThreatData」フレームワークを用いてビッグデータを活用したセキュリティアナリティクスの取り組みに乗り出したことを発表している。

 本稿では、ThreatDataフレームワークとは何か、どのような仕組みか、企業にとってなぜ注目すべきなのかに加え、情報セキュリティ担当者が自社の脅威を適切に管理するために、このフレームワークから何を学べるかを説明する。

ThreatDataフレームワークとは

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...