2014年09月17日 15時00分 公開
特集/連載

徹底解剖:Facebookが使うサーバはどうなっているのか?1人の管理者が2万台を管理

Facebookを支えるサーバはどうなっているのか。何十万台もあるといわれる同社のサーバのうち、3分1のサーバを格納する米ノースカロライナ州のデータセンターを訪問した。

[Meredith Courtemanche,TechTarget]

関連キーワード

Facebook | Google | Apple


 米Facebookがノースカロライナ州フォレストシティに構えるデータセンターが適切に冷却されているのは、外気を利用するエコノマイザーのおかげだけではない。その功績は「Open Compute Project」(OCP)のラックやサーバなどの機器にもある。今後、このような機器はFacebook以外のデータセンターにも配置される可能性がある。

 データセンターの責任者、ケビン・マキャモン氏は次のように語る。「鍵となるのはオープンソースだ。IT業界ではソフトウェアで同じ動きが見られた。個別に投入するよりも、大量に投入した方が多くを得られる」

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...