2014年09月17日 15時00分 公開
特集/連載

徹底解剖:Facebookが使うサーバはどうなっているのか?1人の管理者が2万台を管理

Facebookを支えるサーバはどうなっているのか。何十万台もあるといわれる同社のサーバのうち、3分1のサーバを格納する米ノースカロライナ州のデータセンターを訪問した。

[Meredith Courtemanche,TechTarget]

関連キーワード

Facebook | Google | Apple


 米Facebookがノースカロライナ州フォレストシティに構えるデータセンターが適切に冷却されているのは、外気を利用するエコノマイザーのおかげだけではない。その功績は「Open Compute Project」(OCP)のラックやサーバなどの機器にもある。今後、このような機器はFacebook以外のデータセンターにも配置される可能性がある。

 データセンターの責任者、ケビン・マキャモン氏は次のように語る。「鍵となるのはオープンソースだ。IT業界ではソフトウェアで同じ動きが見られた。個別に投入するよりも、大量に投入した方が多くを得られる」

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...