2013年06月19日 08時00分 公開
特集/連載

Facebookが主導するデータセンターの「ノーブランド化」「Open Compute Project」がSDN分野に参入

「Interop 2013」の基調講演では、Open Compute Projectがネットワーク分野に拡張すると発表された。これによりデータセンター業界のOpenFlow/SDNへの流れが加速する可能性がさらに高まった。

[Gina Narcisi、Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 米Facebookの技術者がデータセンターの機器用に作成したオープンなハードウェアデザインカタログである「Open Compute Project」(以下、OCP)は、その対象が拡大し、トップオブラック(ToR)スイッチも含まれることになった。

 Facebookでハードウェアデザインとサプライチェーンオペレーションを担当するフランク・フランコブスキー副社長は、「Interop 2013」の基調プレゼンテーションで、OCPをネットワーク分野に拡張する方針を明らかにした。今回のプロジェクト拡張の狙いは、任意のネットワークOS上で動作するスイッチを設計し、データセンター運用者がネットワーク内でハードウェアとソフトウェアを切り離せるようにすることにある。

 「今、何か新しいことをやらなければ“インターネットを拡張し人々に素晴らしいエクスペリエンスを提供する”という目標に対して、独自仕様の閉鎖的な技術開発手法が制約要因になる可能性がある」とフランコブスキー氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。