2013年05月28日 08時00分 公開
特集/連載

Facebookのカリスマエンジニアに聞くDevOps事例OSSの構成管理ツール「Chef」をどう使うか

米FacebookはDevOpsをどのように捉え、実践しているのか? その事例を同社のカリスマエンジニア、フィル・ディボウィッツ氏に聞いた。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 クラウドとDevOpsのムーブメントを引っ張るカリスマエンジニアの1人が、米Opscodeの構成管理ツール「Chef」を使って得た教訓を披露した。カリスマとは米Facebookのシステムエンジニア、フィル・ディボウィッツ氏だ。同氏は2013年4月下旬に米国サンフランシスコで開催されたイベント「ChefConf 2013」において、FacebookがChefなどのオープンソースユーティリティを使って、それぞれ1万台以上のサーバを含む多数のクラスタからなる環境を管理していることを紹介した。

 本稿ではディボウィッツ氏と、Facebookのプロダクションエンジニアリングディレクターを務めるペドロ・カナウアティ氏に、DevOpsに関する見解や、DevOps初心者へのアドバイス、FacebookがChefを選んだいきさつなどを聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。