2013年05月22日 08時00分 公開
特集/連載

モバイルユーザーの時間の半分はゲームとFacebookに費やされる意外に少ないブラウザの利用時間

スマートフォンやタブレットのユーザーはその端末上で何に時間を費やしているのか。最新の調査によるとそれはゲームとFacebookだという。Webブラウザの利用が意外に少ない理由は?

[Michael Wall,TechTarget]

 モバイルユーザーがスマートフォンタブレットで利用するアプリケーションのうち、Webブラウザは全利用時間の最大4分の1ほどであることが、モバイルアプリ調査会社、米Flurry Analyticsの最近の調査で分かった。ゲームとFacebookは、両方合わせてアプリ利用時間全体のおよそ半分を占める。

 スマートフォンとタブレットは、もはやわれわれの日常生活に欠かせないものとなった。これらのモバイルデバイスは、娯楽、健康医療、教育、その他の広範な分野において、今日極めて重要なデバイスとなっている。消費者のニーズが変化すれば、これらのデバイスを利用する手段も変わってくるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...