2013年04月23日 08時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発のジレンマ【前編】ユーザー評価が星3つ以下のモバイルアプリはすぐに忘れ去られる

急成長を見せ、競争が激化するモバイルアプリ開発市場。従来言われていた“開発スピード”と“品質”とのトレードオフだけに注力すると、危険なワナにはまることになる。

[Karen Goulart,TechTarget]

 モバイルアプリケーション開発の需要がかつてなく高まっている。

 2012年には全世界のスマートフォンの出荷台数が18億台を超え、米調査会社Gartnerによると、Webアクセスで最もよく使われるデバイスとしてPCを追い抜く見込みだという。モバイルアプリケーションは登場して間もない技術であるが、コンシューマーの期待レベルは高い。人々は優れたユーザーエクスペリエンスを漠然と望んでいるのではない。今すぐそれを必要としているのだ。優れたエクスペリエンスを提供できない製品はすぐにユーザーから見放されるという調査もある。こういった「ITのコンシューマー化」現象は、従業員と幹部がこういった高い期待を職場に持ち込んだことを意味する。

 モバイル戦略とアプリケーション開発を手掛ける米Solstice Mobileの創業者であるJ・シュワン社長は、最近のインタビューで「業務効率と社内の流動性を改善するには、モバイルチャネルにまつわるビジネス問題をどう解決するかを最初に考える必要がある」と語った。

 われわれは、携帯端末およびモバイルアプリケーション開発に詳しい3人の専門家に、「競争の激しいモバイル分野では、欠陥のない製品を開発するよりも、市場に製品を素早く投入する方が重要なのか」という難問を投げ掛けた。彼らの回答を通じて分かったのは、「開発文化を変えることが重要である」「HTLM5が状況を一変させる可能性を秘めている」「テストをおろそかにしてはならない」ということだ。3人の意見が一致したことが1つある。「簡単な答えはない」ということだ(関連記事:HTML5はスマートデバイス用アプリ開発に使えるか?)。

品質と開発スピードはともに重要だが、鍵となるのは開発文化の変革

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...