2013年04月30日 08時00分 公開
特集/連載

HTML5だけでは解決できない、モバイルアプリ開発の落とし穴モバイルアプリ開発で陥りがちなワナ【後編】

急速に拡大するモバイルアプリ開発市場。開発スピードと品質の要求に応える「HTML5」技術の採用だけでは、どうしても解決できない問題がある。

[Karen Goulart,TechTarget]

 前回の「ユーザー評価が星3つ以下のモバイルアプリはすぐに忘れ去られる」に続き、「競争の激しいモバイル分野では“開発スピード”“品質”のどちらを重視すべきか」という難問の解決策を検討しよう。3人の専門家の回答を通じて分かったヒントは「HTLM5が状況を一変させる可能性を秘めている」「テストをおろそかにしてはならない」ということだ。

スピードと品質の要求に応える「HTML5」

 米調査会社IDC Researchのアナリスト、ジョン・ジャクソン氏は「状況にもよるが、品質要求が優先される傾向にあるのは間違いない。ユーザーが顧客であれ社内の従業員であれ、彼らは既にモバイル環境でのコミュニケーションを経験しており、品質に対する要求は高い。これは将来的に、品質を重視する傾向を促進するだろう」と語る。

 この問題に対する見方は2つある。競争が激しい状況において、最大のライバルが製品を投入する一方で、自社が油断をしていたために製品をリリースする準備ができていないような場合には、とにかく急いで製品を形にする必要があるケースもあるだろう。その場合でも、ある程度の品質に対する期待があることは確かだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。