“冷却”だけじゃない 最新データセンター設備を取り巻く5つの論争法令も絡む、データセンターの最新事情

データセンターの入退室をカードキーで監視している企業はどのくらいあるのか。また、改造計画に「エコノマイザー」は含まれているのか。多くのデータセンター設備に見られる傾向と法令がもたらす懸念を解明する。

2014年08月26日 15時00分 公開
[Robert McFarlane,TechTarget]

関連キーワード

データセンター


 新旧を問わずデータセンターには、デザイン、構成、運用についてさまざまな選択肢がある。だが、その多くはトレードオフである。

 新しい標準とベストプラクティスについては支持する人と非難する人がいる。また、潜在的な有害作用とROI(投資利益率)の低さはすぐ明らかになるとは限らない。建物に関する法令で義務付けられている基準であっても、議論の的になっているものがある。

 「ホットアイルコンテインメント」(熱気の囲い込み)冷却方式のデザインと安全に関する懸念についての議論はなされて然るべきだろう。

1.適用除外が解除されるエコノマイザー

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。