データセンターの効率を上げるための5つのポイントグリーンデータセンター設計の最前線

二酸化炭素排出量とエネルギーコストが急速に増大していることから、グリーンで効率的なデータセンターの実現は業界にとって急務だ。

2010年11月09日 08時00分 公開
[Lex Coors,TechTarget]

 現状のままでは、データセンターの温室効果ガス排出量は5〜10年後に航空業界を上回り、2020年までに同業界の4倍にも達する見通しだ。データセンターの効率向上は、企業にとってかつてないほど重要になっている。効率的なデータセンター実現のための5つのポイントを紹介する。

ポイント1:エネルギー効率化

 データセンターの効率向上の第一歩は、データセンターの全消費電力をIT機器の消費電力で割った値である「PUE(Power Usage Effectiveness)」を改善することだ。PUEは、データセンターの効率や“グリーン度”を示す指標として利用できる。最近の調査では「無駄のない設計が採用されており、測定データが定められていて前年比の改善が証明できる、PUEが低い(1.5〜1.7)データセンター」は、グリーンな、あるいはエネルギー効率の高いデータセンターと分類できることが分かっている。

 これに対し、効率の低いデータセンターは、PUEが2以上でレガシー機器が多く、測定による管理が行われておらず、非効率なコンポーネントで構成されているデータセンターだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。