NASAがITシステムを刷新、その先にある理想像とはデータセンター効率化ツールを活用

米航空宇宙局(NASA)は現在、組織を挙げたITシステムの刷新プロジェクトを推進している。その先に見据えるシステム像について、NASAのプロジェクト担当者の話を紹介しよう。

2011年08月10日 09時00分 公開
[Laura Smith,TechTarget]

 米航空宇宙局(NASA)では目下、ITシステムの刷新が進められている。デボラ・ディアス氏はこの取り組みにおいて、いまだかつて誰1人として踏み込んだことのない領域に立ち入ろうとしている。NASAの副CIOとして、同氏はデスクワーク中心の職員や移動の多い職員の間にユニファイドコミュニケーションを提供し、さらには自動化されたセルフサービス式のポータルを介して標準化されたITサービスを提供するための取り組みを指揮しているのだ(関連記事:OpenStack実用化への勢い 〜NASAは開発から使う立場へシフト)。

 「IT Integrated Infrastructure Program(IP3)」という名称で呼ばれるこの取り組みは、NASAで実施されるITプロジェクトとしては過去最大の規模であり、組織を挙げてデータセンターの効率化に取り組もうという姿勢の表れでもある。

 「われわれは統合だけでなく仮想化についても考えており、地熱空間マッピングを使って電力フットプリントを把握することなども考えている。単にデータセンターの数を減らすだけでなく、コンピューティングリソースをより上手に活用しようと計画している」と同氏。

 ディアス氏の指揮の下、NASAはこの12カ月間で既にデータセンターの32%を統合した。これは、執行部が当初2015年の目標に掲げていた数字だ。そして同氏は現在、NASAが2015年までにデータセンターの66%を統合できると予想している。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...