混戦状態のシステム管理市場の覇権を握るのは?コンバージドデータセンター市場の鍵を握るシステム管理ツール(前編)

現在、多くのベンダーがデータセンターIT市場のシェアを奪い合っている。激しい争いの中から、一歩抜け出して生き残るために各社が取り組んでいることとは何だろうか。

2011年02月28日 11時00分 公開
[Barbara Darrow,TechTarget]

 Cisco SystemsHewlett-Packard(HP)、その他のハードウェア大手は現在、高度なコンバージド(集中型)ハードウェアでデータセンターIT市場のシェアを奪い合っている。だが、目に見えない本当の戦いは、システム管理ソフトウェアで繰り広げられている。

 ハードウェアベンダーは(ストレージ大手のEMCも含め)現在、データセンター向けハードウェアに統合システム管理の多様な機能を組み込みつつある。

 もっとも、サーバやネットワーキング製品、ストレージなどに管理機能の「トロイの木馬」を忍ばせることは、取り立てて目新しい話ではない。だが、企業がデータセンターの効率化やクラウドコンピューティング対応を強化する流れの中で、そのスケールは次第に大掛かりになり、ベンダーが手にする利益も増大しつつある。

 これまでデータセンターでは、ストレージやサーバ、ルータなどのコンポーネントの寿命が来れば順次アップデートしてきたものだが、ここにきて多くの企業がコンバージドハードウェアを検討するようになった。このプロセスでは、バンドルされたシステム管理機能が重要な要因になる。そう指摘するのは、業界各社と関係があるため名前は明かせないが、米中西部にある大手ITインテグレーターの幹部だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...