2006年09月29日 07時00分 公開
特集/連載

LinuxとWindowsの混在環境の管理――サーバ管理ツールベンダーに聞くInterview

Windowsサーバ管理者向けLinux制御ツール「Likewise」のベンダー、セントリスのCEOに、クロスプラットフォーム管理のポイントや仮想化について聞いた。

[ITmedia]

 データセンターへのLinuxサーバ導入が加速度的に進む中、ITマネジャーにとって最大の課題の1つは、これらのサーバを既存のWindowsシステムとうまく共存させることだ。

 そのため、両OSを効果的に併用するためのSambaのような技術の市場が形成されている。だが、Sambaは一般の管理者には少し複雑な面もあることから、新興企業のセントリスなど、管理負担の最小化に向けた製品を提供するベンダーが登場してきている。こうしたベンダーが開発を進めるソフトウェアツールは、相互運用をできるだけ容易にすることに主眼が置かれている。

 TechTargetは先ごろ、セントリスのバリー・クリストCEOに、WindowsサーバとLinuxサーバを統合したクロスプラットフォームサーバ管理が進んできている背景や、仮想化がこの分野の次の主要技術として台頭している状況について話を聞いた。

―― クロスプラットフォーム管理の現状はどのようなものですか。

クリスト 2年ほど前と比べて状況が変わってきています。WindowsはExchangeやActive Directoryとともに、今も市場で最も優勢です。これらの技術は揺るぎない位置を占めています。しかし以前と違うのは、LinuxがSMB(中堅・中小企業)市場に非常に普及していることです。2年前はそうではありませんでした。Linuxの導入はまずネットワークのエッジで進みました。主にファイアウォールを運用するためでしたが、AsteriskのようなオープンソースのIP-PBXソフトウェアとともに導入されたケースも多かったでしょう。しかし、利用分野はそれらにとどまらず広がってきています。そして多くの場合、Linuxの導入は、会社主導で進められたわけではありませんでした。現在では、WindowsシステムをサポートするLinuxコンテンツ管理システムなどのように、Linuxベースの非常に特殊なアプリケーションも使われるようになってきているのではないでしょうか。

関連ホワイトペーパー

Windows | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...