2006年08月07日 14時45分 公開
PR

仮想化技術でITシステムはどう変わる?キーワードから見るITシステムに求められる要件【最終回】

ブロードバンド環境が広がり、ボーダーレスのビジネスが進行する中、ITシステムに求められるのは変化に対する強さである。この変化に強いITシステムを構築する上で、最近キーワードとなっている「仮想化」が、実際のITシステムへどのように活用できるかを検証する。

[TechTarget]

日本電気株式会社

クライアント・サーバ販売推進本部 

商品マーケティンググループ

浅賀 博行氏

【専門分野:IT戦略、IT投資】

NECに入社後、ネットワーク関係、UNIX-WS、UNIXサーバ関係の商品計画業務を経験後、現在はIAサーバに関する商品計画および広告宣伝、Webなどを含めたマーケティング、プロモーションを担当。


「仮想化」---ここ最近は、見ない・聞かない日はないほどIT業界で広まっている言葉だが、この技術が実際のITシステムにおいてどのように活用できるのか。本稿ではこの点について、「サーバ統合」「災害対策」「サーバ移行」の3つのキーワードから解説する。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本電気株式会社」に収集される。
  • 「日本電気株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「日本電気株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部