2006年09月27日 07時00分 公開
特集/連載

仮想化導入でSANや高性能サーバを購入するITマネジャーたちCase Study

仮想化のメリットを最大限に生かすためには、高性能なハードウェアを新たに購入する必要があるという認識を持つITマネジャーが増えている。

[Joan Goodchild,TechTarget]

 サーバの統合と可用性の改善のために仮想化技術を利用するITマネジャーが増える中、この技術のメリットを最大限に引き出すには新しいハードウェアの購入が必要であるという認識が、彼らの間で広がっている。

 全米各地に450店舗を抱えるバッテリー小売りチェーンのバッテリーズプラスでも、そういった状況に直面している。同社では、障害発生時や定期メンテナンスの際にサイトのダウンタイムが発生するのを防ぐために、オンラインPOSアプリケーションを仮想化することに決めた。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...