2006年06月30日 09時53分 UPDATE
特集/連載

Interviewサーバ仮想化の神話と現実

サーバの仮想化が流行中だが、実際に人員や経費が大幅に削減できたり、ダウンタイムがなくなるのだろうか。仮想化のプロに聞いた。

[TechTarget]

 サーバの仮想化は今、流行りの技術であるが、企業がこの技術を利用することによって実際に何ができるのかという点については大いに議論の余地がある。インテグレーション企業のエクセデックスでCTO(最高技術責任者)を務めるデビッド・ペイン氏は、戦略を開発/実行する企業の支援業務を専門とする。

 サーバの仮想化によって人員や経費を大幅に削減できるのか、仮想化に向かないアプリケーションはどんなものかなど、同氏の経験に基づく意見を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...