2006年06月30日 09時53分 公開
特集/連載

サーバ仮想化の神話と現実Interview

サーバの仮想化が流行中だが、実際に人員や経費が大幅に削減できたり、ダウンタイムがなくなるのだろうか。仮想化のプロに聞いた。

[TechTarget]

 サーバの仮想化は今、流行りの技術であるが、企業がこの技術を利用することによって実際に何ができるのかという点については大いに議論の余地がある。インテグレーション企業のエクセデックスでCTO(最高技術責任者)を務めるデビッド・ペイン氏は、戦略を開発/実行する企業の支援業務を専門とする。

 サーバの仮想化によって人員や経費を大幅に削減できるのか、仮想化に向かないアプリケーションはどんなものかなど、同氏の経験に基づく意見を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。