サーバ仮想化の神話と現実Interview

サーバの仮想化が流行中だが、実際に人員や経費が大幅に削減できたり、ダウンタイムがなくなるのだろうか。仮想化のプロに聞いた。

2006年06月30日 09時53分 公開
[TechTarget]

 サーバの仮想化は今、流行りの技術であるが、企業がこの技術を利用することによって実際に何ができるのかという点については大いに議論の余地がある。インテグレーション企業のエクセデックスでCTO(最高技術責任者)を務めるデビッド・ペイン氏は、戦略を開発/実行する企業の支援業務を専門とする。

 サーバの仮想化によって人員や経費を大幅に削減できるのか、仮想化に向かないアプリケーションはどんなものかなど、同氏の経験に基づく意見を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。