2006年06月30日 09時53分 公開
特集/連載

サーバ仮想化の神話と現実Interview

サーバの仮想化が流行中だが、実際に人員や経費が大幅に削減できたり、ダウンタイムがなくなるのだろうか。仮想化のプロに聞いた。

[TechTarget]

 サーバの仮想化は今、流行りの技術であるが、企業がこの技術を利用することによって実際に何ができるのかという点については大いに議論の余地がある。インテグレーション企業のエクセデックスでCTO(最高技術責任者)を務めるデビッド・ペイン氏は、戦略を開発/実行する企業の支援業務を専門とする。

 サーバの仮想化によって人員や経費を大幅に削減できるのか、仮想化に向かないアプリケーションはどんなものかなど、同氏の経験に基づく意見を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...