2006年08月08日 10時18分 UPDATE
特集/連載

Column仮想マシンのライセンス――難問に取り組むIT業界

仮想化によってハードウェアのコストを大幅に削減できても、ソフトウェアライセンスの課金システムによってはそれが帳消しになってしまうこともある。ライセンスのルールについて見ていこう。

[Joan Goodchild,TechTarget]

 企業での仮想化技術の普及が進む中、仮想化ライセンスのルールをめぐる問題がIT管理者たちを悩ませている。

 6月にマサチューセッツ州ケンブリッジで行われたヴイエムウェアの「Virtual Infrastructure 3」の発表会で、同社のダイアン・グリーンCEOは、仮想化ライセンス問題の今後の展開について同氏の見解を明らかにした。「この問題については、向こう1年間で大枠が決まるだろう。業界は仮想マシン単位のモデルに向かっている。これは、サーバ単位のモデルとやや異なる」とグリーン氏は述べた。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。