キラキラした未来が見えてこないウェアラブル端末、用途はかなり限定的になる?「Apple Watch」「Google Glass」を何に使う?

ウェアラブルコンピューティングでは、USBスティックほどの小さなデバイスを使って、リアルタイムに処理されるデータを収集できる。だが、ウェアラブル端末の大半は単一用途だ。

2014年10月02日 08時00分 公開
[Denis Pombriant,TechTarget]

 故スティーブ・ジョブズ氏がコンテンツ消費用のデバイスとして「iPad」を発表した当時、同氏がまた1つ新たなトレンドを生み出しているとは、誰も思いもしなかった。そのトレンドとは、われわれが今や慣れ親しんでいる片手で持てるハンドヘルド端末やモバイル端末のトレンドではなく、コンピュータの単一用途化の流れだ。iPadが登場する以前、コンピューティングデバイスはデータや情報へのアクセスと入力に使われる多目的な機器だった。今ではメインフレームからハンドヘルド端末、タブレット端末まで、あらゆるデバイスで、メールやERP、CRMなど、各種アプリケーションへのアクセスやデータ入力が可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...