2014年10月15日 12時00分 公開
特集/連載

“iPadでデータ分析”が日常の風景になるか、その現場力を検証するタブレットの普及でモバイルBIが身近に

現場での意思決定や分析は、モバイルアナリティクスを有益な投資に変える代表的な2つの例だ。その一方で、セキュリティやインフラなど解決すべき課題もある。モバイルBIを導入する際のメリットと課題を紹介する。

[Scott Golden,TechTarget]

 モバイルアナリティクスは確固たる地位を築きつつある。2014年に最も注目のITトレンドである「モバイル」と「BYOD(私物端末の業務利用)」はビジネスの手法を変え、IT部門はその効果を実感している。

 コンサルティング企業の米Avanadeが実施した最近のグローバル調査によると、企業の60%は「ほとんどの従業員が職場でパーソナルコンピューティングデバイスを利用している」と回答している。またITソリューションプロバイダーである米CDWの最新調査でも、中小企業のIT担当者の多くがモバイルデバイスで「コミュニケーションが改善した」(60%)、「生産性が向上した」(55%)、「ビジネスプロセスがスムーズになった」(34%)としている。

モバイルBIをけん引するメリットとは

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...