2024年01月31日 05時00分 公開
特集/連載

「画像生成AI」にマーケターが喜ぶ理由 “期待できる広告効果”とは?「生成AI」で広告制作はどう変わるか【後編】

広告制作における「生成AI」の活用が広がりつつある。中小企業のマーケターにとってうれしいメリットや、注意すべきリスクについて解説する。

[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

人工知能


 テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)の活用が幅広い業界で進んでいる。特にその動きが顕著なのは広告業界だ。広告制作に生成AIを活用することで、企業はどのようなメリットを得られるのか。懸念すべきリスクと併せて解説する。

マーケターが喜ぶ「画像生成AI」の効果とは?

 2023年10月、インターネット通販大手Amazon.comの広告部門Amazon Adsは、生成AIツール「Amazon Ad Console」のβ版の提供を開始した。同社が運営するEコマース(EC)サイトの出品者は、Amazon Ad Consoleを用いて商品に適した背景画像を生成できる。

 Amazon Ad Consoleは広告制作にかかる時間の短縮に役立つだけではない。同社がECサイト運営で得た知見を生かしてコンテンツのパーソナライズ化を支援し、適切な商品誘導につなげる。配信する広告が消費者のニーズに沿っているかどうかを確認することも可能だ。

 調査会社Constellation Researchでアナリストを務めるリズ・ミラー氏は「生成AIツールを活用することで、コストや人的資源の余裕がない中小企業でも広告を打ちやすくなる」と話す。

 ミラー氏は、生成AI技術の目覚しい進歩に注目する。2023年3月にAdobeが発表した生成AIツール「Adobe Firefly」と、同年10月に発表した「Adobe Firefly Image 2 Model」には大幅な違いが見られる。後者では、プロンプト(指示)の理解性能が大幅に向上した他、出力画像の遠近感や色彩感がよりリアルに近い状態に改善したという。同氏は「ここ数年間で急速に進んだ生成AIの進化は、今後も続く」との見方を示す。

 一方で、生成AIツールの使用には課題もある。ミュンヘン大学(Ludwig-Maximilians-Universitaet Muenchen)の画像生成モデル「Stable Diffusion」や、AIベンダーOpenAIのテキストを基に画像を生成するAIサービス「Dall-E」などの登場以降、世間ではさまざまな批判が出ている。例えば、Webから収集したデータを基にコンテンツを生成した場合、実在するアーティスト作品の著作権を侵害するリスクがある。生成AIツールがアーティストやデザイナーの仕事を奪ったり、報酬相場を下げたりする可能性を危惧する声もある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...