2020年05月29日 05時00分 公開
特集/連載

「NAS」があなたの想像よりも危険な理由新たな技術と新たな脅威【後編】

さまざまな新技術が普及すれば、攻撃者もそうした技術を狙う。ただし長く使われている技術であっても、攻撃者にとってうまみがあれば攻撃の対象になり続ける。その代表格がNASだという。なぜなのか。

[David Petersson,TechTarget]

 技術の発展はビジネスに利益をもたらすだけでなく、サイバー攻撃の巧妙化を招く。前編「“何でもかんでも『IoT』化”が危険なこれだけの根拠」および中編「『5G』『RPA』『AI』はなぜ危険なのか? リスクが生まれる原因を解説」で紹介したように、攻撃者はIoT(モノのインターネット)、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)といった新たな技術の脆弱(ぜいじゃく)性を狙う。攻撃を受けやすい技術には、他にどのようなものがあるだろうか。

 クラウドを狙った現状の攻撃は、クラウドの構成ミスや機密情報の窃盗が主流だ。企業がサーバやデータのクラウド移行を進めれば、攻撃者もさらにクラウドを狙うようになる。ただし攻撃者はオンプレミスへの攻撃の手を緩めるわけではない。

 攻撃者は、企業にとって重要なデータがストレージにあることを理解している。セキュリティベンダーKaspersky Labが2019年7〜9月に観測したデータによると、攻撃者はNAS(ネットワーク接続ストレージ)を標的にするようになっている。「こうした新種の攻撃は、NASのみを使ってバックアップを保存している企業に重大な問題を突き付ける」と、ソフトウェア業界について深い知見を持つダグ・ヘゼルマン氏は述べる。

なぜNASが狙われるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...