2020年05月29日 05時00分 公開
特集/連載

5Gの「バックホール」とは? 速度が理論値並みか「4G」程度かを分ける要素「無線LAN」の進化に学ぶ

「5G」のメリットを引き出せるかどうかを左右する重要な要素が「バックホール」だ。そもそも5Gのバックホールとは何なのか。

[Lee Badman,TechTarget]

関連キーワード

IEEE | ネットワーク | 無線LAN


 「5G」(第5世代移動通信システム)の登場と無線LANの進化に伴い、通信網を中継する「バックホール」が注目の的になっている。バックホールとは電波を送受信する基地局と基幹通信網を接続するネットワークだと考えればよい。

 過去を振り返ってみると、バックホールが注目を集めることは多くなかった。5Gや「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi Allianceによる名称は「Wi-Fi 6」)など新世代の無線LAN規格が状況を変化させた。5Gや無線LANのメリットを引き出すネットワークとして、バックホールが脚光を浴びている。

無線LANのバックホールとは

 無線LANは、無線LANアクセスポイント(AP)を設置し、イーサネットスイッチ(以下、スイッチ)にAPを接続する構成が一般的だ。スイッチはAPと基幹通信網がトラフィックを送受信する上での中継点となる。

 こうした構成で無線LANを使用する場合、過去にはスイッチ側のデータ伝送速度が必要以上の性能であることが珍しくなかった。無線LANが高速化してきたことで状況は変わっている。IEEE 802.11axやその前の世代の規格「IEEE 902.11ac」は、理論的には1Gbps以上のデータ伝送速度を実現できる。これに応じてスイッチ側の技術も開発されてきた。例えば「マルチギガビット」(mGig)と呼ばれる2.5Gbps、5Gbps、10Gbpsなどのデータ伝送速度をイーサネットで実現する技術がある。

 こうした動きは無線LANのネットワークに大きな進化をもたらした。これと同様に、5G分野でも通信を中継するネットワークの技術進化が起こる可能性が高い。

5Gのバックホールとは

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...