2020年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Chromebook」を安全にする「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」とは?「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【中編】

「Chromebook」はさまざまなセキュリティ機能を備える。その中から「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」をざっくりと解説する。

[Gary Olsen,TechTarget]

関連キーワード

Chrome OS | Chromebook | Google | ビジネスPC


 GoogleのOS「Chrome OS」を搭載したノート型デバイス「Chromebook」は、多層型のセキュリティモデルを採用しており、さまざまな機能がセキュリティにおいて価値をもたらす。以下にChromebookを扱うIT管理者が知っておくべきセキュリティ機能を列挙する。

  1. 確認付きブート
  2. 自動更新
  3. サンドボックス
  4. Powerwash(後編で紹介)
  5. ネットワークセキュリティ(後編で紹介)
  6. データ暗号化(後編で紹介)

1.確認付きブート

 起動時にChromebookは「確認付きブート」(Verified Boot)というセルフチェックを実行する。OSやアプリケーションの改ざんや破損を検出すると、自動的に修復する仕組みだ。

 「Windows」の場合、OSの読み込み時に問題が発生してクラッシュすることがある。IT管理者は

  • クラッシュの解析
  • 更新プログラムの適用
  • ドライバの更新、消去、再読み込み

といった作業に追われることになる。Windowsには、システムを特定の時点の状態に戻す機能「復元ポイント」もある。ただし復元ポイントの内容に不具合があったり、さかのぼり過ぎてデータ損失を引き起こしたりすることもある。Chromebookは基本的にローカルにデータが存在しないため、常に最新の状態を保つことができる。

2.自動更新

 Chromebookで利用できるアプリケーションは、基本的にはGoogleが管理するアプリケーションストア「Chrome Web Store」を通じて配信される。Chromebookは起動するたびにOSとアプリケーションの最新版をデバイスにダウンロードする。この仕組みによって、エンドユーザーは確実に最新のOSとアプリケーションを利用できる。

 エンドユーザーに更新プログラムを適用してもらう場合、更新プロセスの不備による未修正の脆弱(ぜいじゃく)性がマルウェアの標的になることがしばしばある。Chromebookは、エンドユーザー自身による更新プログラム適用を前提としておらず、更新の不備による問題が起こりにくい。

3.サンドボックス

 Chromebookは「サンドボックス」という仕組みを持つ。WebページやアプリケーションをOS内の隔離領域(サンドボックス)で動作させ、他のプロセスから切り離す。もしWebページやアプリケーションに不審な挙動があれば、単純にそれを閉じるだけで被害の発生を食い止めることができ、デバイス内の他の要素に及ぶ影響を抑えることが可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。