Mac搭載のApple独自チップ「T2」に見つかった脆弱性は、なぜ厄介なのか「Apple T2セキュリティチップ」に脆弱性

「Mac」が搭載する「Apple T2セキュリティチップ」に脆弱性が見つかった。この脆弱性は従来のセキュリティ製品では対策が難しいという。それはなぜなのか。どのような対策が役立つのか。専門家の話を基に解説する。

2020年11月14日 05時00分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | セキュリティリスク | 脆弱性


 「Apple T2 Security Chip」(Apple T2セキュリティチップ、以下T2)は、Appleが「Mac」用に開発したセキュリティ対策用の半導体チップだ。このほどT2に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかり、IT担当者はMacの不正利用を防ぐ対策の強化する必要に迫られている。

T2の脆弱性は、なぜ厄介なのか

ITmedia マーケティング新着記事

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...

news182.jpg

モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデ...

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...