2020年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

保険会社が「Slack」導入に成功した理由 「伝統」より「変化」を重視保険会社と大学の「Slack」導入事例【前編】

ビジネスチャットツールが魅力的でも、それによる変化を受け入れる文化が社内になければ導入はままならない。伝統を重んじる保険業でありながら「Slack」の大規模導入に成功したPan-American Lifeの決断とは。

[Katherine Finnell,TechTarget]

 生命保険会社Pan-American Life Insurance Groupの最高情報責任者(CIO)を務めるミゲル・エドワーズ氏は、2020年1月から社内システムのモダナイゼーション(最新化)計画に着手した。世界各地のITスタッフ200人のコラボレーションを改善する方法を検討し、Slack Technologiesのビジネスチャットツール「Slack」の標準プランである「Standard」(スタンダード)を採用することにした。

 当初Pan-American LifeはIT部門にのみSlackを導入する計画だった。2020年3月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が米国で拡大し始め、Pan-American Lifeは全社的にテレワークに切り替えた。21カ国にいる従業員2200人がテレワークに移行したため、エドワーズ氏はIT部門以外にもビジネスチャットツールが必要だと考えた。そこでSlackの大規模組織向けプランである「Enterprise Grid」にアップグレードした。

伝統を重んじる保険業で「Slack」導入が成功した理由

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。