2020年11月15日 10時00分 公開
特集/連載

「Microsoft 365 E3」と、まだ終わっていない「Office 365 E3」の基本的な違い「Microsoft 365」と「Office 365」を比較【後編】

「Microsoft 365」と「Office 365」の比較は新旧オフィススイートの比較ではなく、料金プランの比較という現実的な課題だ。両者はどう違うのか。標準プラン「E3」の基本的な違いを確認しよう。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 Microsoftが提供するサブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」には、複数のプランが存在する。「Microsoft 365 E3」「同E5」「同F3」の各プランがもたらすメリットは、「Windows 10」の企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のライセンスを含むことだ。

 企業がMicrosoft 365 E3/E5/F3を契約している場合、ライセンス対象ユーザーは既存マシンをWindows 10 Enterpriseの最新バージョンにアップグレードできる。仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop」やエンドポイントセキュリティ製品「Microsoft Defender Advanced Threat Protection」に加え、Windowsアプリケーションをマシンに自動的に配備できる「Windows Autopilot」も利用可能だ。

「Microsoft 365 E3」と、まだある「Office 365 E3」の基本的な違い

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...