2020年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft 365」の標準バックアップ機能では何ができ、何ができないのか?Microsoft 365(Office 365)のバックアップ&リカバリー入門【前編】

「Microsoft 365」(Office 365)には、削除されてしまったデータを復元する機能がある。ただし常に復元できるわけではない。Microsoft 365標準のバックアップ/リカバリー機能と、その限界を確認しておこう。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Office 365 | バックアップ | 災害対策


 サブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」(Office 365)は広く企業に利用されている。メールサーバサービス「Exchange Online」やファイル共有サービス「SharePoint Online」など、Microsoft 365に含まれる製品やサービスは大量のデータを扱う。それを考えると、ユーザー企業は障害発生など不測の事態からMicrosoft 365のデータを保護する対策を慎重に検討しなければならない。

 Microsoft 365の主要サービスは、削除されたデータを復元できる機能を標準で備える。例えばファイル同期サービス「OneDrive for Business」では、削除されたファイルはOneDrive for Businessの「ごみ箱」から93日以内であれば復旧できる。Exchange Onlineは、削除されたメールを「削除済みアイテム」のフォルダに移動する。このメールはあらかじめ定められた期間内であれば復元可能だ。

 こうしたユーザー企業による“セルフサービス”のデータ復元には制限がある。

Microsoft 365標準のバックアップ機能では「できないこと」

 Microsoft 365のデータの削除には、データを回復可能な状態に保つ「ソフト削除」と、完全にデータを消去する「ハード削除」の2種類がある。例えばエンドユーザーがメールボックスを誤って削除してしまった場合でも、ソフト削除であれば復元できる可能性がある。Microsoft 365はユーザーアカウントとひも付いた形でメールボックスのデータを30日保持しており、その間はメールボックスを復元できるからだ。

 シェルの「PowerShell」で特定のコマンドを実行してユーザーアカウントを削除するなどハード削除をした場合、エンドユーザーのメールボックスは完全に削除される。こうなるとMicrosoft 365の標準機能で対象のデータを復元することはできない。

 さまざまなベンダーがMicrosoft 365のデータのバックアップ/リカバリー(復旧)ツールを提供している。以下はよく知られているサードパーティー製のバックアップ/リカバリーツールだ。

  • Commvault Systems(Metallic部門)の「Metallic Office 365 Backup & Recovery」
  • Veeam Softwareの「Veeam Backup for Microsoft Office 365」
  • Veritas Technologiesの「Veritas SaaS Backup」
  • Cohesityの「Cohesity DataProtect」
  • Acronis Internationalの「Acronis Cyber Backup」
  • Barracuda Networksの「Barracuda Cloud-to-Cloud Backup」

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

動画配信サービス利用者の約7割が広告視聴に対して前向き――The Trade Desk調査
テレビよりも動画配信、それも無料サービスの利用意向が高まっているようです。

news150.jpg

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...