2020年08月27日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft 365」と「G Suite」の違いをストレージ容量と月額料金で比較する「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【後編】

サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」は、どう違うのか。利用できるファイル同期サービスのストレージ容量と、利用料金の違いで比較する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

Office 365 | Google Apps | オフィススイート | SaaS


 サブスクリプション形式の代表的なオフィススイートである「Microsoft 365」と「G Suite」。両者は一見似通っているように見えるが、提供するツールや機能、ユーザーインタフェースは異なる。前編「『Microsoft Teams』と『Google Chat』『Google Meet』の違いとは?」と中編「SharePointとDrive Enterpriseの違いは? Microsoft 365とG SuiteのECM比較」に続く本稿は、提供するオンラインストレージサービスと利用料金で両者を比較する。

ファイル同期サービスとストレージ容量を比較

 自社のオフィススイートでファイル同期サービスを提供しているのは、MicrosoftとGoogleに共通する。Googleの「Google Drive」とMicrosoftの「OneDrive」は、どちらも大容量のストレージを提供するファイル同期サービスで、さまざまなデバイスからドキュメントやデータを安全にアップロードして利用できる。

 Microsoft 365は、1ユーザー当たり1TBのストレージを提供する。Microsoftに申請することで、1ユーザー当たり5TBまでストレージ容量を増やすことが可能だ。

 G Suiteの「Basic」プランは、Google Driveや「Gmail」などのサービスで30GBのストレージを提供する。「Business」プランと「Enterprise」プランは、エンドユーザー数5人以上の場合に容量無制限のストレージを提供。5ユーザー未満の場合は、1ユーザー当たり1TBのストレージ容量となる。

気になるMicrosoft 365とG Suiteの料金を比較

 Microsoft 365とG Suiteを比較検討する際には、料金も重要な要素だ。Microsoft 365の「Microsoft 365 Business Basic」(旧「Office 365 Business Essentials」)プランは、年間契約で1ユーザー当たり月額5ドル(国内では540円)。1人のエンドユーザーが複数のデバイスで利用可能な「Microsoft 365 Business Standard」(旧「Office 365 Business Premium」)プランは、年間契約で1ユーザー当たり月額12.50ドル(国内では1360円)だ。

 クライアントアプリケーションのみ利用でき、セキュリティ対策やアクセス管理機能を含まない「Microsoft 365 Apps for enterprise」プランは、年間契約で1ユーザー当たり月額12ドル(国内では1300円)。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの「Power BI Pro」やアプリケーション作成ツール「Power Apps」、ワークフローツール「Power Automate」などのMicrosoft製ツール群を利用可能にする拡張オプションも提供している。

 G Suiteには前述の通り3つのプランがあり、Basicプランは1ユーザー当たり月額6ドル(国内では680円)で、Businessプランは1ユーザー当たり月額12ドル(国内では1360円)、Enterpriseプランは1ユーザー当たり月額25ドル(国内では3000円)だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...