2019年05月16日 05時00分 公開
特集/連載

アプリケーション連携やセキュリティ機能を強化ExcelやWordファイルを無変換で編集可能に 「G Suite」の最新機能まとめ

Googleは「G Suite」の最新アップデートで、「Microsoft Office」との連携機能や新しいセキュリティ機能を追加した。G Suiteはビジネスの利用に以前より適したツールになる可能性がある。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 Googleはオフィススイート「G Suite」の最新アップデートでアプリケーション管理機能やセキュリティを強化し、企業にとって魅力的にしようとしている。同社は2019年4月に開催したクラウド関連カンファレンス「Google Cloud Next '19」で、G Suiteの最近のアップデートとして以下の機能を紹介した。

  • G Suiteで誰が何を編集したのか確認できる「アクティビティダッシュボード」
  • 「Googleドキュメント」内で「Microsoft Office」ファイルを編集する機能
  • 「Microsoft Excel」と「Microsoft PowerPoint」の代替となる「Googleスプレッドシート」と「Googleスライド」の機能強化
  • G Suite経由で業務アプリケーションを使用する機能

 IT分野の調査会社Enterprise Strategy Groupのアナリスト、マーク・バウカー氏によると、今回のアップデートで主要なターゲットになっているのは、現場で働く従業員だ。中には会社から社用端末を支給・貸与されていない従業員もいる。「IT管理者は、そうした従業員にも端末やビジネスアプリケーション、コラボレーションツールを提供したいと考えている場合がある」とバウカー氏は説明する。

IT管理者も従業員も喜ぶG Suiteの最新機能

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

夫婦で共用するものとしないものの境界線――プラネット調べ
11月22日は「いい夫婦の日」。ハンドタオルは夫婦で共有するけれどバスタオルは? 寝室...

news156.jpg

若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表...

news003.jpg

日本で取り組むセールスイネーブルメントと今後の展望
セールスイネーブルメントの概念や代表的なツールについて2回にわたって紹介してきました...