2017年06月29日 05時00分 公開
特集/連載

やはり強い「Office 365」――対抗する「G Suite」の巻き返し策は?ビジネス市場を追い上げるGoogle

Googleは企業ユーザーの支持拡大に力を注いでいる。だがMicrosoftの牙城を崩すのは難しいかもしれない。

[Ramin Edmond,TechTarget]
G Suiteの公式Webページ G Suiteの公式Webページ《クリックで拡大》

 Googleはこの2年間、クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねてきた。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、ブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。G Suiteは、「カレンダー」「Gmail」「ドキュメント」「スプレッドシート」「ハングアウト」「ハングアウト Meet(ビデオ会議)」などのアプリケーションをクラウド経由で提供する。Googleは2017年にG Suiteに新しいフィッシング攻撃対策を追加するなど、セキュリティや管理機能の強化を進めている。だが市場では依然として、Microsoftのクラウド版オフィススイート「Office 365」が支配的だ。

 MicrosoftとGoogle両方のパートナー企業であるHillSouthの創業者でCEOのロビー・ヒル氏によれば、HillSouthの顧客はG Suiteへの移行には関心を示していない。既にMicrosoftの「Office」をオンプレミスで利用しているから、というのがその最大の理由だという。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...