2020年08月05日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft Teams」と「Google Chat」「Google Meet」の違いとは?「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【前編】

サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらを導入すべきか。判断する際の材料はさまざまだ。まずはコミュニケーションツールを比較する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

Office 365 | Google Apps | オフィススイート | SaaS


 最新のオフィススイートが提供するツールは、メールやオンラインストレージ、コラボレーションツールだけではない。PBX(構内交換機)やビジネスプロセス自動化ツール、データ可視化ツールなどのツールも提供している。Microsoftの「Microsoft 365」とGoogleの「G Suite」は、こうした多様なツールを提供する、サブスクリプション形式のオフィススイートだ。

 Microsoft 365とG Suiteはどちらも豊富な機能を提供しており、事業規模に関わらず、あらゆる企業が利用できる。自社に適しているオフィススイートがMicrosoft 365とG Suiteのどちらかを検討する際は、コミュニケーションツールとエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツール、利用料金、セキュリティ対策、オンラインストレージの機能などを確認するのがよい。自社の予算や要件に照らし合わせて考えることが重要だ。本連載は、これらの観点からMicrosoft 365とG Suiteを比較する。

コミュニケーションツールを比較

 Microsoftはこれまで、オフィススイート「Microsoft Office」の一部として幾つかのコミュニケーションツールをリリースしてきた。ファイル共有ツールの「SharePoint」やインスタントメッセンジャーの「Office Communicator」がその一例で、最新ツールは「Microsoft Teams」だ。TeamsはエンドユーザーにWeb会議やチャット、ファイル共有といった機能を提供する。MicrosoftはSlack Technologiesのビジネスチャットツール「Slack」の成功にならってTeamsの無料版を提供する他、Teamsに次のような機能を組み込んでいる。

  • 各Officeツールとの連携
  • グループ機能「Microsoft 365グループ」での共同作業
  • PSTN(公衆交換電話網)通話
  • チャットbotの作成
  • タスク管理ツール「Microsoft Planner」との連携
  • リアルタイム翻訳
  • リアルタイム文字起こし

 Teamsは「Windows」と「Linux」で利用できる。

 G Suiteにはビジネスチャットツールの「Google Chat」が含まれており、テキストや音声、映像を使ったチャットが可能だ。G Suiteは使い方を簡単にすることと、ユーザーサポートに重点を置いている。G Suiteはコラボレーションのために、ドキュメントの共同編集機能を持つ「Googleドキュメント」といったツールに加え、Web会議や音声通話といった機能を提供する。

 Microsoft 365とG Suiteを比較検討する際、注意すべき点がある。G Suiteは2020年6月から、チャット/Web会議ツール「Google Hangouts」の代わりに、Google ChatとWeb会議ツールの「Google Meet」を利用できるようにし、これらの新しいツールにエンドユーザーを段階的に移行する計画だ。現在Google Hangoutsを利用している企業の中には、従業員や顧客が参加する音声通話やWeb会議のために別のツールを使う必要が生じることを心配する声もある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。