2021年08月18日 05時00分 公開
特集/連載

“理想のIT人材”を育てる研修プログラムの作り方「ITスキルギャップ」を埋める方法【第6回】

「ITスキルギャップ」を埋めるための効果的な研修プログラムを作成するには、企業は幾つかの手順を踏む必要がある。ビジネス目標達成に必要な従業員のITスキルを定めた後は、何をすればよいのか。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事


 第5回「“できるIT人材”を育てる研修プログラム作り『8つの手順』」は、企業がIT人材に求めるスキルと企業内の実際のスキルとのギャップである「ITスキルギャップ」を埋めるための方法として、従業員のITスキルを高めるための研修の有効性を紹介。適切な研修プログラムを作成するために必要な8つの手順のうち3つを紹介した。本稿は、残る5つの手順を紹介する。

手順4.必要なスキルを鍛えるための研修方法を検討する

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。