2017年12月19日 15時00分 公開
特集/連載

「iPhoneは10年後には使われていない」と予測できる理由特選プレミアムコンテンツガイド

iPhoneはこの10年でスマートフォンの代名詞となり、ユーザーとデバイスの関係性の変化をもたらした。その変化が10年後、iPhone自身の消失をもたらすとしたら?

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「デバイスそのものが体験の中に消えてしまうほど夢中になれるiPhoneを作ること」。これはAppleがWebサイトに記載している同社のビジョンだ。このビジョンを言葉通り捉えるならば、iPhoneがユーザーからその存在を意識されなくなることでAppleの目標は達成される。

 Appleの目標達成に必要なものはデバイスそのものではなく新しい体験だ。実際、iPhone発売から10年でモバイルデバイス、特にアプリはさまざまな変化を遂げている。

 それは例えばユーザーの行動を学習したり、新しいデータソースからのデータ収集であったりと多岐にわたる。新しい体験はやがてAppleのビジョンである「デバイスを意識しない体験」へとつながっていくだろう。

 本稿ではiPhone発売から10年でアプリにもたらされた変化を整理し、今後やってくるであろう「デバイスを意識しない体験」とは何かをまとめた。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...