2016年11月16日 08時00分 公開
特集/連載

Slackの日次アクティブユーザーは400万人Slack打倒を狙う「Microsoft Teams」の侮れない強み Office 365+チャットは魅力的か

Microsoftは、新しくコラボレーションアプリ「Microsoft Teams」をリリースする。このアプリは、他のコラボレーションアプリと比べてどのような強みを発揮するのだろうか。

[Katherine Finnell,TechTarget]
Microsoft Teamsの公式Webページ《クリックで拡大》

 Microsoftの新コラボレーションアプリケーションの「Microsoft Teams」は、「Office 365」の大企業向けおよび中小規模企業向けの各エディションに無料で含まれる見込みだ。「Microsoft Word」や「同 Excel」「同 PowerPoint」「同 SharePoint」などのOfficeアプリケーションは、Microsoft Teamsに組み込まれる形になる。Microsoft Teamsは現在プレビュー版が提供されている。一般向けのリリースは2017年第1四半期になる見込みだ。

 市場調査会社Frost & Sullivanのアナリストであるロブ・アーノルド氏によると、Microsoftがコラボレーションアプリケーションをリリースするのは、自社のコラボレーション製品群を完成させるためだ。それとともに、「Slack」や「Cisco Spark」「Unify Circuit」に対抗するのが狙いだという。

 「競争という視点で見れば、Officeアプリケーションとの連係はMicrosoftにとって大きなアドバンテージだ。Microsoft Teamsを何千万人ものユーザーの目に触れさせることができるからである。これに対しSlack Technologyは、サードパーティーの新参ベンダーにすぎない」とアーノルド氏は指摘する。

Slackの躍進に「待った」

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。