2016年10月19日 07時00分 公開
特集/連載

「Slack」には到底及ばない、Facebookの企業向けSNS「Workplace」に足りない点とは?成功できるかどうかはまだ不鮮明

Facebookの企業向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Workplace」は、主要なビジネスアプリケーションとの連係や企業データ保護の機能がまだ不十分だという。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

SNS | Facebook


画像 Facebookの企業向けコラボレーションサービス「Workplace」《クリックで拡大》

 Facebookは企業向けSNS「Workplace」を正式リリースしたが、ライバルと戦うためには、まだ重要な機能が足りないと専門家は話す。

 Workplace(旧称「Facebook at Work」)は、企業の従業員が社内外でPCやモバイル端末を使ってチャットやコラボレーションを行う機能を提供する。こうした企業向けSNSの市場はまだ新しく、IBMやMicrosoftなどの大手が先陣を切っている。

企業向けSNS競合製品の優位性

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...