上司が理解しない「仕事にもFacebookが必要」な理由今こそソーシャルコラボレーションツール導入の好機

従業員はコラボレーションツールを理解し、私生活で活用している。IT部門が巻き返しを図るべく効果的なソーシャルプラットフォームを企業環境に導入するのは、今が最適な時期だろう。

2015年03月13日 12時00分 公開
[Jake O'Donnell,TechTarget]

 ソーシャルコラボレーションツールは普遍的な存在になっている。だが、企業は、この分野で後れを取っている。変化するソーシャルの世界に追い付く責任はIT部門にある。ソーシャルコラボレーションツールが従業員の業務において何を提供し、社内のユーザーとどう交流を図れるのかという2つの観点で対応が必要になる。

SNSが働き方を変える

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...