2015年03月03日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「for BUSINESS」のススメ成功するコンシューマライゼーションの鍵、“おなじみアプリ”のビジネス版7選 (1/7)

使い慣れた「Dropbox」や「Evernote」を業務で利用してみよう。エンドユーザーが満足しIT部門が安心できるおなじみアプリの「for Business」版について実力を徹底チェック。

[斎藤幾郎]

おなじみアプリのビジネス版比較一覧表のダウンロード

tt_yo_forbiz_01.jpg

 IT部門の管理が難しいため、「Evernote」や「Dropbox」の利用を禁止・制限している企業も少なくない。しかし、禁止されても使う人が後を絶たないのは、やはり使いたくなるだけの魅力があるからだ。ならば、隠れて使う必要がないよう、企業が安心できる形で公式にツールを供給してあげればいい。

 本稿では前述の2つの他、コンシューマーに人気のアプリが用意する「ビジネス版」「エンタープライズ版」に注目。コンシューマー版との違いについてまとめた。

 オンラインストレージからソーシャルメディアクライアントまでジャンルは多岐にわたるが、いずれも、名前は聞いたことがあることと思う。あるいは、IT担当者の中にも個人的に使っているという人もいるかもしれない。これらのツールが本気で導入するに値するか、ぜひ検討のための参考にしてほしい。

Evernote Business

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。