Google「G Suite」にホワイトリスト機能、「Office 365」との差は縮まるか怪しいサードパーティーアプリを遮断

クラウドサービスにアクセスできるサードパーティーアプリを制限する手段として使われるホワイトリスト。Googleの「G Suite」もこの機能を追加し、信頼できないサードパーティーアプリから重要なデータを保護した。

2017年08月03日 05時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
G Suiteの公式Webページ《クリックで拡大》

 Googleの「G Suite」などのクラウドサービスでは、アプリのホワイトリスト機能を提供している。これを使うと、信頼できないサードパーティーアプリからは重要なデータにアクセスできなくすることができる。

 ホワイトリスト機能は、IT管理者が企業データとクラウドサービスにアクセスできるサードパーティーアプリを制限する手段として登場した。

 企業にとって情報漏えいは重大な問題であり、規制の厳しい業界ではなおさらだ。「Box」や「Salesforce」、Microsoftの「Office 365」のようなクラウド型ビジネスアプリのセキュリティ基準は高い。だが、サードパーティーアプリはそうとは限らない。そうしたアプリが企業データにアクセスするとセキュリティの弱点になる可能性がある。今回、G Suiteも他のサービスに倣い、アプリのホワイトリスト機能を追加した。これによって、IT管理者は信頼できるサードパーティーアプリだけを許可できるようになる。

 「データフローの制限は必要だ。制限しなければ、たちまち廃業に追い込まれることになる」とUnited Bankでメッセージングとコラボレーションを担当するウィレム・バッカス氏は「アプリが企業データに何をするかは予測ができない。だから、どんなアプリも無条件に実行を許すのは危険だ」と語る。

G Suiteのホワイトリストの仕組み

 G Suiteの新しいホワイトリスト機能を使うと、IT管理者は特定のアプリにのみG Suiteのデータへのアクセスを許可できる。これには多くのクラウドサービスが使う「OAuth」を使っている。OAuthはトークンを用いた認証規格であり、サードパーティーアプリにクラウドサービスのデータへのアクセスを許可するために、パスワードなどのユーザー資格情報を渡す必要がない。

 従業員がサードパーティーアプリをG Suiteと併用することは妨げず、OAuthデータ共有だけをブロックすることができる。Office 365など他のビジネスアプリスイートも同じ仕組みを採用する。

 「これは正しい方向性だ。相互接続性の時代にはデータを保護することが重要だ」とITコンサルタント会社Five Nines IT Solutionsのプレジデント兼CEOのダグ・グロスフィールド氏は評価する。

アプリのホワイトリストの重要性

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...