2018年12月27日 05時00分 公開
特集/連載

次に来るのは「AIOps」?2019年はVDI管理をもっと簡単に IT担当者に意識してほしい「3つの抱負」

企業でVDI管理を担当している管理者は、新年目標としてVDI管理戦略の見直しと「AIOps」などの技術による改善を検討しみてはどうだろうか。

[John Powers,TechTarget]
画像 2019年こそはもっと楽になりたい……

 新年の抱負といえば、家族と過ごす時間を増やすとか、毎日瞑想(めいそう)を実践するとか、もっと野菜を食べるといった個人的な目標を掲げる人が多いだろう。

 この機会に業務を改善する新年目標も考えてみはどうだろうか。IT担当者なら認定資格の取得やプロセスの見直しなどを目標にするといい。

 VDI(仮想デスクトップインフラ)管理の担当者は自社のVDI管理戦略の弱点対策を考えてみてはどうだろうか。

シンクライアントで時間と費用を節約

 VDIのエンドポイントには、機能を最低限にまで削ぎ落として処理の多くをサーバ側で実施するシンクライアントが使える。シンクライアントはデスクトップPCやノートPCより価格が低く、VDI管理を効率化できる。

 例えば、Googleの「Chromebook」の一部のモデルは1台わずか150ドルほどだ。導入準備は最低限の作業で済み、パッチ適用や更新プログラムの配布を自動化できる。セキュリティ監査や、不審な挙動検知時の自動リブートも実行できる。こうしたローカル管理機能で管理者の作業を軽減すれば、管理者は他の重要な仕事に専念できる。

 Dell、Lenovo、HPもそれぞれさまざまな機能や価格でシンクライアントを提供している。

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...