2018年09月12日 05時00分 公開
特集/連載

MacアプリやLinuxアプリを仮想デスクトップで使う、そのメリットと実現方法増える非Windowsアプリに対応

VDIで使えると便利なアプリは、Windowsアプリだけではない。MacアプリやLinuxアプリなどについても知っておく必要がある。

[Alastair Cooke,TechTarget]

 非Windowsアプリケーションが増え続ける中で、VDI(仮想デスクトップインフラ)管理者は、それにどう対応するかを知っておかなければならない。そうしなければ、ユーザーはIT部門を飛ばして、自分の仕事をこなすためにどんなものでも取り入れてしまう。

 Windowsアプリだけが利用されていた時代は終わった。今や多くのアプリケーションがWebベースになり、VDI環境に取り入れるべき内容も大きく様変わりしている。

 異なるプラットフォームで実行される非Windowsアプリケーションも再浮上している。それはLinuxベースのCADアプリケーション、Apple「macOS」専用のアプリケーション、モバイルファーストアプリケーションなどだ。

Webアプリ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...

news158.jpg

2020〜2021年の年末年始におけるテレビCM放送回数 「PC」「お茶」は前年比3倍、「神社仏閣」はほぼ半減
ゼータ・ブリッジは2020年12月27日から2021年1月3日における全国地上波25局、BS放送6局に...