2018年09月27日 05時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップ(VDI)のハードウェア要件を正確に見極めるには?4つのヒントを紹介

仮想デスクトップインフラ(VDI)を導入する際、必要なハードウェア性能の見積もりを間違えると大きな問題につながる可能性がある。IT担当者がニーズを正確に予測できるようにする4つのヒントを紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を計画する際、IT担当者はハードウェアの要件を正確に見極めなければならない。

 1つのホストで実行できる仮想デスクトップの数を多く見積もると、パフォーマンスが低下し、VDIハードウェアを追加する資金を管理部門に申請することになる可能性が高い。反対に、ハードウェア要件を高く見積もると、必要ない設備に多くの資金を浪費することになる。重要なのは適切な見積もりだ。

推奨事項には注意が必要

 VDIハードウェアを計画する際、IT担当者は「インターネットで見つかる情報に基づいて計画すれば簡単」という誘惑に負けてはいけない。自社で利用を考えているのと同等のハードウェアを使用して50台の仮想デスクトップを問題なくホストできるとする情報を見つけたとしても、同じ結果を得られるとは限らない。結局のところ、全ての企業のユーザーが全く同じアプリケーションの組み合わせで作業しているわけではない。

利用可能な予測ツールを探す

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...