Microsoft「Windows Virtual Desktop」が示す仮想デスクトップの未来とはVDIとDaaSの技術進化

Microsoftが2018年に発表した「Windows Virtual Desktop」は、クラウド時代の仮想デスクトップとして大きな進歩を示している。

2018年12月09日 05時00分 公開
[Jack MaddenTechTarget]

 あらゆるテクノロジーがクラウドの影響を受けている現在、仮想デスクトップもその例に漏れない。関連する管理インフラストラクチャも新しいアーキテクチャへの移行を支えている。

 Microsoftが新しく提供を開始したWindows Virtual Desktopは、クラウドネイティブの仮想デスクトップ「Remote Desktop modern infrastructure」(RDmi)に基づいている。Windows Virtual Desktopは「マルチユーザーWindows 10エクスペリエンス」と呼ばれるWindowsの機能を提供する。

 これらが発表されたことは、仮想デスクトップインフラ(VDI)とDaaS(Desktop as a Service)市場の大きな前進となる。

 Microsoftは2017年、年次イベント「Microsoft Inspire」でRDmiを発表した。RDmiでは、Windows Serverで実行していた「リモートデスクトップセッションホスト」の役割(「RD接続ブローカー」「RD Webアクセス」「RDゲートウェイ」など)を「Azure Web Apps」の同等サービスに置き換えた。

 RDmiではリモートデスクトップの刷新も進め、仮想ネットワークによるワークロードの分離、「Azure IaaS」によるワークロード仮想マシン(VM)のホスティング、「Azure Active Directory」による多要素認証(MFA)の実装も加えた。

 その結果、同じシステムやサービスを複数の企業で使うマルチテナント環境への適合性が高く、需要の増加に応じてスケールアップしやすいリモートデスクトッププラットフォームに進化した。

Windows Virtual Desktopの登場

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...