2018年12月09日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft「Windows Virtual Desktop」が示す仮想デスクトップの未来とはVDIとDaaSの技術進化

Microsoftが2018年に発表した「Windows Virtual Desktop」は、クラウド時代の仮想デスクトップとして大きな進歩を示している。

[Jack Madden,TechTarget]

 あらゆるテクノロジーがクラウドの影響を受けている現在、仮想デスクトップもその例に漏れない。関連する管理インフラストラクチャも新しいアーキテクチャへの移行を支えている。

 Microsoftが新しく提供を開始したWindows Virtual Desktopは、クラウドネイティブの仮想デスクトップ「Remote Desktop modern infrastructure」(RDmi)に基づいている。Windows Virtual Desktopは「マルチユーザーWindows 10エクスペリエンス」と呼ばれるWindowsの機能を提供する。

 これらが発表されたことは、仮想デスクトップインフラ(VDI)とDaaS(Desktop as a Service)市場の大きな前進となる。

 Microsoftは2017年、年次イベント「Microsoft Inspire」でRDmiを発表した。RDmiでは、Windows Serverで実行していた「リモートデスクトップセッションホスト」の役割(「RD接続ブローカー」「RD Webアクセス」「RDゲートウェイ」など)を「Azure Web Apps」の同等サービスに置き換えた。

 RDmiではリモートデスクトップの刷新も進め、仮想ネットワークによるワークロードの分離、「Azure IaaS」によるワークロード仮想マシン(VM)のホスティング、「Azure Active Directory」による多要素認証(MFA)の実装も加えた。

 その結果、同じシステムやサービスを複数の企業で使うマルチテナント環境への適合性が高く、需要の増加に応じてスケールアップしやすいリモートデスクトッププラットフォームに進化した。

Windows Virtual Desktopの登場

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...